失敗しないためにロスカットを利用する

FX必須の知識「ロスカット」の基礎知識

危なくなったら警告してくれる機能

損失があったら教えてくれる

マージンコールとは、損実があった時に警告してくれる機能のことを言います。
定期的に自分の口座をチェックしていれば、お金が足りなくなったことにすぐ気づけます。
ですがまだFXを始めたばかりの頃は、通貨の変動も調べなければいけないので、つい口座のチェックが後回しになってしまうことが多いです。
すると気づいた時には、大量の損失が出て手遅れになるケースが見られます。

警告に気が付いて、対策をすればこれからもFXを続けることができます。
お金が足りなくなっていると警告が出た場合は、足りないお金を口座に振り込んだり、レバレッジを少なめにして取引をするなど工夫しましょう。
マージンコールも活用すれば、失敗しないはずです。

マージンコールがある業者

取引ができる業者はたくさんありますが、全てにマージンコールのシステムが備わっているわけではありません。
備わっていない業者もあるので、注意が必要です。
すると、注意していないと損失があったことに気づけません。
急にロスカットが起こって、強制的に取引が中止になるケースがあります。
突然取引ができなくなったら、計画が狂ってしまいます。

マージンコールがある業者を使った方が、安全にFXを進めることができると言われています。
業者を選択する時は、きちんとマージンコールがあるのか調べてください。
誰でも夢中になれば、お金が少なくなっていることに気づかない可能性があります。
万が一警告を受けたら、すぐに対策をしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る