失敗しないためにロスカットを利用する

FX必須の知識「ロスカット」の基礎知識

FXに欠かせない知識を勉強しよう

具体的な意味を把握しよう

事前にFXではロスカットを設定できます。
ロスカットを設定することで、損失が多くなった時に自動で取引を停止してくれます。
取引を失敗しているのに、やり続けるとさらに損失が多くなるので危険です。
ロスカットを設定しておくのが、安全にFXを進める方法です。
レバレッジをかけて、利益をたくさん得るのが基本的なFXの方法です。

大きなレバレッジを掛けると、得られる利益も大きくなりますが失敗した時の損失も大きくなることを忘れないでください。
あまりにも大きなレバレッジを掛けるのは、リスクが高いのでおすすめできません。
ロスカットを設定していれば損失を最小限に抑えられるので、大きなレバレッジを掛ける時でも安心できるでしょう。

ロスカットレベルを考えて使おう

自分で、どのくらいの損失になったらロスカットが発生するのか決めることができます。
また段階が決まっていて好きな段階を選択するシステムもあり、業者によってロスカットの仕組みが少し変わります。
自分が使っている業者のシステムを、よく把握しておきましょう。
どの業者を使ってFXをしようか迷ったら、ロスカットのシステムで判断しても良いですね。

FXをしているほとんどの人は、ロスカットレベルを20パーセントにしています。
損失がロスカットレベルを下回った時に、取引ができなくなります。
失敗して全財産を失ったら怖いので、取引をする前にきちんとロスカットを設定してください。
危険を回避することを最も優先して、FXに挑戦しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る